道 BLOG

東京、湯島にある”MUSIC BAR 道”の情報、その他のことを書いていきます。
”MUSIC BAR 道”
TEL/FAX 03-3832-3740
http://www.miti4.com


イベント について、その”道”に関するいろいろなことを
by Bar_miti
カテゴリ
全体
お知らせ
雑記
イベント
おすすめ
道との遭遇2012
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トークイベント、今週土曜日に迫りました。
6日(土)のイベントはまだ少し余裕がありますが、
大谷さんのトークだけでなく、桜井さんとの会話も楽しみです。

桜井さんがオーガナイズする吾妻橋ダンスクロッシングでは、大谷さんが役者・山縣太一さんと『Line京急』なるユニットを組んでパフォーマンスを展開しています。
これが思い切り意味がなく、えらく音楽的で、ものすごく禍々しい! 5月3日に見たときには死ぬほど笑いました。
今年はフルアルバムも制作するというので期待は高まるばかり。

それはともかく、土曜日です!

◎MUSIC BAR 道 プレゼンツ 

『音談科』第2弾 
大谷能生が語るデューク・エリントンとその周辺

場所『 MUSIC BAR 道(miti )』

文京区湯島3−35−6 3F 
地下鉄千代田線湯島駅4番出口隣接ビル3F
※アクセスはhttp://www.miti4.comのMAPを見てください

日時 6月6日(土)17時受付開始 17時30分 スタート予定 休憩あり

料金 2,500 円 (1ドリンク付き)

Tel 03-3832-3740
予約は「道」のサイトにあるl[info]内予約フォームから


問い合わせはメールでお願いします。

info@miti4.com
[PR]
# by Bar_miti | 2009-06-03 12:58 | イベント | Trackback | Comments(0)
酒とジャケットシリーズ
f0205626_22385373.jpg


f0205626_2239236.jpg
作品はchihanaの『SWEET NOTHING』です。chihanaはかなり注目されはじめた、”ドブロの歌姫”。裏ジャケにはしっかりとそのドブロギター(オープンEチューニングらしい)がフューチャーされています。

このchihana嬢、21歳の女子大生というのに激シブな選曲センスと演奏が特にオヤジ心をとらえてはなしません

ダン・ペンのDark End of the Street やライ・クーダーのVigilante Man に混じって”月光値千金”が入るのもいい感じです。ルーツミュージック系だと、声もぐっと渋いのですが日本語曲になると急に娘らしい声質になるように感じます。
高校入学と同時に組んだバンド名がひらがなで「むらさき」っていうのも微笑ましい。

彼女のホームページやマイスペースで画像と動画が見られますが、音楽評論家(そして占い師!)の鳥井賀句さんのブログが興味深かったのでリンクしておきます。

で、酒ですが、写っているのはペルツォフカ・メドーヴァカというウォッカです。
ラベルにあるように唐辛子をつけこんだ、ウクライナのウォッカ。
昔呑んでいたメーカーのペルツフォカは製造中止となってしまったようですが、こうした辛いウォッカは根強い人気がありますね。
メドーヴァカははちみつ、という意味らしい。
ブラッディマリーに使うといい感じです。
[PR]
# by Bar_miti | 2009-05-27 22:39 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
日曜日のこと
遅れてしまいましたが、イレギュラーで営業した日曜日の報告を。
ジャパン・ブルース&ソウルフェスティバルは、かなり盛り上がったようです。
その後、たくさんの方が当店へ。
さながら中目黒『バードソングカフェ・ナイト』のようで、ほとんどが、バードソングカフェの常連さんでした。
みなさんの濃い音楽談義があり、すばらしくおいしいチーズをいただいたり。
いろんな曲をかけましたが、僕個人としてはマジック・サムやスリム・ゲイラードをかけると、すぐ反応するみなさんの音楽的知識と耳の良さに驚きました。

閉店の前には大きな雷が光り、土砂降りになりましたが、コンサートの間はほとんど降らなかったようで、
バードソングのマスター・梅澤さんの「長い野音歴でも降られたことがない」という晴れ男ぶりはここでも発揮されたのでした。

とにかく、お越し下さったみなさん、ありがとうございました!
[PR]
# by Bar_miti | 2009-05-26 02:31 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
明日、営業します
ふだんの土日はイベントおよび貸切営業となっていますが、きょうから湯島天満宮の例大祭があるということで、明日日曜日はこのイベントに乗っかった(?)営業をします。
さらに、『ジャパン・ブルース&ソウルフェスティバル2009』が日比谷野音で開催。
ちょっと雨が心配ですが盛り上がりが予想されます。
日比谷から湯島までは千代田線で7、8分。そしてMUSIC BAR 道は駅0分!
フェスティバル帰りにどうぞ。

ただし、ブルースのレコードはそんなに枚数がないか……

だいたい午後5時から、ちょっと早めのオープンです。
[PR]
# by Bar_miti | 2009-05-23 16:55 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
イベントの受付けを開始しました
MUSIC BAR 道 プレゼンツ 

『音談科』第2弾 
大谷能生が語るデューク・エリントンとその周辺

場所『 MUSIC BAR 道(miti )』

文京区湯島3−35−6 3F 
地下鉄千代田線湯島駅4番出口隣接ビル3F
※アクセスはhttp://www.miti4.comのMAPを見てください

日時 6月6日(土)17時受付開始 17時30分 スタート予定 休憩あり

料金 2,500 円 (1ドリンク付き)

Tel 03-3832-3740
予約は「道」のサイトにあるl[info]内予約フォームから


問い合わせはメールでお願いします。

info@miti4.com
[PR]
# by Bar_miti | 2009-05-22 12:05 | イベント | Trackback | Comments(0)
「音談科」第2弾は大谷能生さん!
5月9日に宮沢章夫さんを迎えて行われた「音談科」第1弾は、小さなバーという空間ならではの雰囲気に話が弾み、聞いている方もそのスイング感を楽しまれたようです。
若干学園祭気分でメニューに加えてみたグリーンカレーも好評でよかった。

さて、第2弾が決定しました。

MUSIC BAR 道 プレゼンツ 「音談科」

大谷能生が語るデューク・エリントンとその周辺

批評家・音楽家として存在感を日ごとに大きくしている大谷能生さんが、エリントンについて楽曲をかけながら、呑みながら、語るトークイベントです。
大谷さんはたびたびエリントンに言及しています。
ポップミュージックの謎の解明には不可欠な巨人・エリントンを、今回はどんな角度から照らしだすのか?  
「嫌いではない」酒の効果も手伝って、思わぬインプロビゼーションも期待できそうです。
聞き手は吾妻橋ダンスクロッシング・オーガナイザー、桜井圭介さん。

6月6日(土)17時開場 17時30分開演(予定)

※申し込みの詳細はのちほどお知らせします。
[PR]
# by Bar_miti | 2009-05-20 12:24 | イベント | Trackback | Comments(0)
新入荷の酒とジャケットシリーズ
少しずつ新たな酒がそろってきました。それをアナログ盤、CD盤のジャケットと共に紹介してみます。
まずはホルガー・シューカイ『MOVIES』と『モンキーショルダー』。次の写真を見るとわかるとおり、3匹のサルがボトルに貼りついてます。この酒は、トリプル・ブレンデッドウイスキー、なんですね。

f0205626_2334595.jpg

f0205626_2363526.jpg

昔木製のショベルを使って手作業で大麦を乾燥させていましたが、作業している人の肩が痛くなり、その肩のことを「モンキーショルダー」と呼んでいたことに由来します

f0205626_2351250.jpg

もうひとつはキャロル・フューレイと「沖縄ラム コルコル」。沖縄ラムは添加物抜きの、南大東島生まれのラム。キュートな金城さんという女性社長さんがいるグレイスラム社が作っています。
なお、ふたつとも酒と作品に深い関係はありません。
それにしても、今年のルイス・フューレイのライブはよかった…。
[PR]
# by Bar_miti | 2009-05-18 02:37 | 雑記 | Trackback | Comments(0)