道 BLOG

東京、湯島にある”MUSIC BAR 道”の情報、その他のことを書いていきます。
”MUSIC BAR 道”
TEL/FAX 03-3832-3740
http://www.miti4.com


イベント について、その”道”に関するいろいろなことを
by Bar_miti
カテゴリ
全体
お知らせ
雑記
イベント
おすすめ
道との遭遇2012
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
JOYZコラムで道を紹介していただきました!
道の常連であり、
アーティストとして道でのソロライブもおこなってくれている、
星野くんこと、JOYZのhocyesが、道について、コラムで書いてくれました!
f0205626_0415164.jpg
http://www.barks.jp/news/?id=1000074056


「点のような色々な出会いが、どこかにつながる素敵な道になる」
って、すごく素敵な表現ですよね。
ちょっと泣けるくらい、いい。

私自身、そういうサロン的な場を作るのが夢だったので、
そういう場所に今携われているということは、
すごく、恵まれているなと改めて感じています。

自分の大好きな人と、また別の大好きな人がこの場を通して知り合って、
また、素敵なつながりが出来たら、
そんなうれしいことは、ないなとずっと思っていて。
私自身は、何かに秀でてる訳でもなく、
何か表に立ってやるタイプでもないけど、
そういう風に、人と人とをコネクト出来た時に、
自分の存在意義とか喜びを感じられるというか。

なんていうか、酒場でしか出逢えないつながりとか
文化って確実にあると思うのです。

現に星野くんは、道で知り合った、
「iriya plus cafe」のオーナーの今村ナオミさんと、
素敵なイベントを絶賛企画中だったり。
そんな、素敵なケミストリーがうまれる場として、
お店に携わることができることは、この上ない喜びであるのです。


そうそう、11月12日(土)の鈴木博文さんのソロライブの共演も、
道で偶然一緒になったことがきっかけでした。

ほんと、そんな点のような色々な出会いが、
どこかにつながる素敵な道になればいいな。

f0205626_0504227.jpg


というわけで、星野くんもソロとして出演する、
鈴木博文 Live 道の穴 Vol.4も絶賛予約承り中です!
残り僅かとなって参りましたので、
お早めのご予約をおすすめいたします!
(定員に達した場合は、当日券はでません!あしからず!!)


鈴木博文 Live
道の穴 Vol.4
~ヒガシトーキョースペシャル

日時: 11月12日(土)

出演:鈴木博文権藤知彦くもりな、GainenHoshino(JOYZ/STRIKERS)
open: 18:30
start : 19:00~
料金: 3,500円 (当日500円 UP) 要ドリンクオーダー

ご希望の方は、お名前、希望人数、電話番号を明記の上、events@miti4.com まで
送信してください。
確認メールを受信された時点で予約確定とします。
※基本的にキャンセルはできませんのでご了承ください。
 
■お問い合わせ先
湯島・music bar 道 http://www.miti4.com/
東京都文京区湯島3-35-6 3F  
※千代田線湯島駅4番出口隣接ビル map
Mail:info@miti4.com  TEL/FAX:03-3832-3740


素敵な、夜になること、間違いなし!!
お誘い合わせの上、ぜひ。
[PR]
by Bar_miti | 2011-10-26 01:07 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
「KIKY 裸石から選べる受注会 vol.2」@道 やります!
現在、道の木曜スタッフとして働いてくれている、
アクセサリー作家のきよみさんのブランド、
KIKYの受注会を道でおこなうこととなりました!

わたくしキシモトは、彼女のつくるアクセサリーに、
すっかり虜となっていまして、
ほぼ毎日、彼女のつくったピアスをしてお店に立っております!

それがまた、評判がよくて◎
女子はもちろん、
これが男子にもよく褒められるのです(嬉)

きよみさんのアクセサリーの特徴のひとつとして、
パワーストーンの裸石をそのまま生かして制作されているシリーズがあります。

f0205626_2019765.jpgf0205626_2018579.jpgf0205626_20184637.jpg








ひとつひとつかたちの異なる、石の個性をそのままに、
大きさもかたちも異なるアクセサリーたちは、
もちろん、全て一点物で、
見た瞬間、「出逢ってしまった!」といった感情を覚えるほど。
今まで、ジュエリーやアクセサリーと無縁だった私も、
それらを身につける喜びにすっかり魅了されています。


欲しい!とおっしゃられるお客様も多数!!
というわけで、土曜の午後に道で受注会をやっていただく運びとなりました。
裸石の状態から選んで頂けるフルオーダー受注会。
研磨されていない天然原石はもちろん、
KIKYがストックしている研磨された宝石たちからも選ぶことができ、
ご自身がお持ちの裸石からでもお作りできるとのこと!
(加工可否は現物を見てからになります。)




「KIKY 裸石から選べる受注会 vol.2」


日時: 
11月5日(土)15 :00〜18 : 00
※ワンドリンクオーダー制。18:00より通常営業となります!

常連さんはもちろん、
道、お初の方もぜひ、ご気軽に◎
前回の受注会では、男性のお客様が彼女さんの為に指輪をオーダーする、
といった素敵な光景に遭遇しましたよ☆
男性のお客様もプレゼントに、ぜひ!!
[PR]
by Bar_miti | 2011-10-25 20:39 | イベント | Trackback | Comments(0)
酒場のワークショップ「書と道」はじめます!
キシモト念願の酒場のワークショップシリーズ、
第一弾として、書道のワークショップはじめます!

その名も、

f0205626_14444811.jpg


「 書 と 道 (みち)

子どもの頃、習字を習っていたという方、たくさんいらっしゃると思うのですが、
大人になってから、しばらくやっていないという人がほとんどだと思います。

かく言うわたしも、母親が家で習字を教えていたので、
小学生くらいのときは半ば、いやいやで、やっていたのですが…、
その頃は、「きれいにお手本通り書く」ということしか知りませんでした。
(なので、ちっとも楽しくなかった!)

大人になり、もっと自由に書の表現を楽しんでみたい!と思いつつも、
道具や環境が整わず、いつしか、書道はとても遠い存在に。


でも、別に決まりがあるわけでもないし、
かしこまったスタイルではなく、もっと自由に書を楽しんでもいいのでは?
お酒を呑みながら、barで書を楽しむなんて、
粋でとても素敵なことではないだろうか!
とずっと思っていました。

書道の「真っ白な紙に墨で文字を書く」という行為は、
一度書いたら取り返しのつかないことなので、
ものすごい集中と緊張感が走ります。
そして同時に、それは瞬間の出来事なので、
ドローイング等の描画行為よりも一つの作品にかける時間はさらにに少ない。
この、短時間で自己と向き合い、表現する、
という書の魅力を、改めて経験してみたいと。


そんな思いを、ある日、友人の書家である細川建翠さんに話したところ、
「すごくいいと思う!」といって、
快く、今回の講師を引き受けてくれることとなりました。


土曜の夕方からお酒を呑みつつ、
素敵な音楽の流れるbarのカウンターで書を楽しんでみませんか??
確かに、カウンターは少々手狭で書きにくいかもしれませんが、
そんな形式にもとらわれず、
上手い/下手といった尺度にも支配されず、
自己の表現の開放を!

きっと有意義なひとときとなることでしょう。


また、今回は、半紙ではないサイズのものに書いてみようと思っています。
筆も先生が様々なものを持ってきてくれて、
貸し出してくれるとのこと!
全くの手ぶらでいらっしゃって大丈夫です。

限定13人となります!
ぜひ、お早めのご予約をー◎



書 と 道

日時: 
11月19日(土)17 :00 open  17 : 30 start(約2時間)
※20:00より通常営業となります!

料金: ¥2,000(文鎮と下敷き、紙代込み)
※文鎮と下敷きご持参の方は、500円引き!
汚れても大丈夫な服装、またはエプロンなどをお持ちください。

予約: 
お申し込みはevents@miti4.com まで
お名前(希望者全員のお名前)電話番号を明記の上、送信してください。
※先着順、定員になり次第締め切らせていただきますので、
お早めのご予約をおすすめいたします!


満員御礼につき、ご予約、締切りいたしました!
ありがとうございました。





最後に今回の講師、細川建翠さんのご紹介を。
※ちなみに、当ワークショップタイトル「書と道」(ページのトップにあるもの)も、今回のために書き下ろしてくれました!ありがとー!!


f0205626_1930576.jpg















プロフィール
細川建翠 hosokawa kensui
1978年、兵庫県生まれ。墨田区在住。5歳から書道を始める。父・細川翠楠に師事。2008年第30回青潮書道会全国公募展で大阪府知事賞受賞。テレビ、書籍等の題字も手がける。代表作に「黒部の太陽」(フジテレビ)、『太陽の黙示録 建国編』(小学館)、『ダンダリン』(講談社)、「鬼魂一打」(鬼太鼓座ポスター)など。音楽イベント「MUSIC&RHYTHMS」では、パフォーマンスも行う。東京、千葉で書道教室もおこなっている。


f0205626_192116100.jpg
f0205626_19244217.jpg
f0205626_19251637.jpg
f0205626_19253769.jpg
[PR]
by Bar_miti | 2011-10-25 19:36 | イベント | Trackback | Comments(0)
本秀康 vs 福岡耕造トーク・セッション開催します!
素敵なトークショーが決定いたしました!

ビートルズの原風景を追い続けるカメラマンの福岡耕造氏。
世界初公開となるバンド誕生直前の貴重な写真を掲載した著書、

「ビートルズ、追憶の彼方」
 アールズ出版 (2011/9/21)

f0205626_18553833.jpg

本書は福岡氏との古くからの友人でもある、
道オーナーの大久保裕文がブックデザインを担当いたしました。


この「ビートルズ、追憶の彼方」の発売を記念して、
福岡氏のトークショーをおこないます。

お相手は人気イラストレーター・漫画家で、
ジョージ・ハリスンの熱狂的ファン、コレクターとしても有名である、
本秀康さん!

この組み合わせは、きっと他ではありえません!!

貴重な写真を見せていただきながら、
お酒を飲み、語らう大人のトークショーとなることでしょう。

お誘い合わせの上、ぜひ!



本秀康 vs 福岡耕造
「ビートルズ、追憶の彼方」発売 &
「リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」公開、
記念トーク・セッション at 道 (ビートルズ、ジョージ、インドを語る)

日時: 11月2日(水)19 :00 open  19 : 30 start(途中休憩あり)
料金: ¥1,500(1ドリンクつき)
予約: 
お申し込みはevents@miti4.com まで
お名前(希望者全員のお名前)電話番号を明記の上、送信してください。
※先着順、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めのご予約をおすすめいたします!


f0205626_18421217.jpg

[PR]
by Bar_miti | 2011-10-21 18:57 | イベント | Trackback | Comments(0)