道 BLOG

東京、湯島にある”MUSIC BAR 道”の情報、その他のことを書いていきます。
”MUSIC BAR 道”
TEL/FAX 03-3832-3740
http://www.miti4.com


イベント について、その”道”に関するいろいろなことを
by Bar_miti
カテゴリ
全体
お知らせ
雑記
イベント
おすすめ
道との遭遇2012
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
3/5(土)は、雑誌《GATEWAY》 発売記念トークショー『詩と哲学の夜』@道!
おまたせしました。
 
真夜中、町に繰り出す野良猫の気配を後頭部で感じながら、間接照明の灯る室内で今日という一日を紅茶とともに振り返り、あと少しでくる明日を待ちわび、あるいは憂い、なにかが変わるような出来事を求めつつ、そう大きくは変わらない日常を愛している、そんなみなさまへ

イベントのお知らせです。

若手研究者の下西風澄さん(東京大学大学院博士課程在籍)をお招きして、
ご自身も詩を寄稿されている冊子「GATEWAY 2016 01」の発売を記念し、
『詩と哲学の夜』と題したトークショーを開催していただく事となりました。


3/5(土)は、静かに胸がさわいでゆく、そんな夜になりそうです。



以下、下西風澄さんからのコメントです。
__________

人生は一行のボオドレエルにも若(し)かない。 ―芥川龍之介


人生のすべてが、たった一行の詩に及ばない。昭和二年の夏、雨の降りしきる田端の部屋でひっそりと亡くなったこの一人の作家 ―芥川龍之介は、少なくともボードレールの詩にそうした瞬間を感じた。
詩に、果たしてそれほどの力があるのだろうか。そもそも詩は、なぜ生まれ、なぜ書かれ続けてきたのだろうか。
「詩と哲学の夜」では、ホメロス、ゲーテ、萩原朔太郎、西脇順三郎、…幾人かの詩人たちの詩を紹介しながら、詩と哲学について語る。
たった一行でもいい。心に残る詩に出逢えたら、それは、人生をずっと支え続けてくれる言葉になる。

ー下西風澄
__________

【プロフィール】
f0205626_622252.png
下西 風澄(しもにし かぜと)

研究者。東京大学大学院博士課程。帝京大学非常勤講師。
研究のかたわら、執筆や講演活動を行う。
主な関心は哲学、生命論。
近年の執筆に、詩人・ゲーテを論じた「色彩のゲーテ」(『ちくま』,筑摩書房)の他、ミシマ社ウェブマガジンでは「文学のなかの生命」を連載中。

カレーと珈琲が好き。お酒が少し苦手。
http://kazeto.jp
__________

本イベントは、YYY PRESS の発行するオムニバス冊子『GATEWAY 2016 01』の発売を記念し、「詩篇:風さえ私をよけるのに」を寄稿した下西風澄が「詩と哲学」をテーマに語るトークイベントです。素敵な音楽とお酒にひたりつつ、日常をそっと抜け、詩や哲学に触れる特別な時間になることを期待しています。

NEW ISSUE
GATEWAY 2016 01
f0205626_22285679.jpg

写真家・小野 啓によるティーンエイジャーの肖像、海外を拠点に活動するイラストレーターemi ueoka 寄稿、最注目のブックディストリビューターMARGINAL PRESS の取材、文筆家・武田 俊や柴原聡子によるエッセイ等テン年代後半を切り開く寄稿者たちによる、「残像」をテーマに2016年1月を記憶するオムニバス書籍。
http://yyypress.tokyo

__________

「詩と哲学の夜」トークショー@MUSIC BAR道

日時:
2016年3月5日(土)


open : 18:30
start : 19:00 ~


※21時以降は通常のbar営業となります。

料金:
予約 1,500円+1drink


定員:20名
※先着順、定員になり次第締め切らせていただきますので、
お早めのご予約をおすすめいたします。

ご予約:
ご希望の方は、件名を「3/5予約」として、
お名前、希望人数、電話番号を明記の上、events@miti4.comまで
送信してください。
後日こちらより、確認メールをお送りいたします。
※確認メールを受信された時点で予約確定となります。
基本的にキャンセルはできませんので、ご了承ください。
__________

参加してくださる方々へ

好きな詩集などあれば、ぜひご持参ください。
風澄さんがそれについて、なにかを語ってくれるかもしれません。




場所: MUSIC BAR 道
東京都文京区湯島3-35-6 3F
(地下鉄千代田線湯島駅4番出口隣接ビル、徒歩0分)
TEL 03-3832-3740
http://www.miti4.com/about.html
[PR]
by Bar_miti | 2016-02-17 06:24 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://miti4.exblog.jp/tb/24965524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2/20(土) は古道具ナイト... 今月のBui's bo... >>